渋谷駅徒歩1分・夜間緊急対応ありのホワイトニング・クリーニング・審美専門歯科|さくらプラチナム歯科

さくらプラチナム歯科

Menu

セルフホワイトニングと医療ホワイトニングの違い

1、ホワイトニングで使用されている成分では白くならない

ホワイトニングは医薬品である過酸化水素が含まれているものしか効果がありません。
しかし過酸化水素は法律により医院・歯科医院でしか使用できません。
ですのでセルフホワイトニングで扱ってるものは、誰でも取り扱うことのできる「歯磨剤成分」を歯に塗っているだけなのです。
「歯磨剤成分」は単に歯の汚れを取るだけなので白くなったように見えますが、白くする効果は全くないので何回通っても自分の歯以上に白くすることは不可能なのです。
また歯科医院で行う医療ホワイトニングでは、ホワイトニングをする前に歯のクリーニングを行うことがほとんどです。
ですからこのクリーニングの時点でセルフホワイトニングと同程度の白さになってしまいます。

2、すべて自分の責任で行う

虫歯や歯にヒビがあった場合はセルフホワイトニングをしてはいけないのですが
そういった店には歯科医師や歯科衛生士が在籍していないのでチェックもできません。
全て自分の責任のもとで行うのです。

3、セルフホワイトニングが低価格の理由

理由は以下のことが上げられます。
・歯科医師、歯科衛生士といった有資格者を雇う必要がないため人件費がかからない。
・医薬品ではなく、重曹や二酸化チタンなどといった医薬部外品を使うことでコストが低い。
・初めは3~4回通い、明るくなったら月に1~2回のメンテナンスの通うというものがほとんどなので来店回数を多くする代わりに安く設定されている。

本当のホワイトニング選びとは?

ホワイトニングの経験が豊富で信頼できる歯科医院で受けることです。
歯はその人によって色や質が異なるのです。
それを全ての人に画一的なやり方をするというのはありえません。
その人の歯にあった照射時間、回数、組み合わせなどをしっかりとカウンセリングで検討してから行うのが最も良いホワイトニングと言えるでしょう。