医療法人社団 星桜会 さくらプラチナム歯科

ホワイトニング|渋谷駅 徒歩1分|ホワイトニングなら【さくらプラチナム歯科】


PCの方

ホワイトニング
  • HOME
  • ホワイトニング

医療ホワイトニングだから希望の白さに!日本人の歯に合わせた優しさで施術します

※ホワイトニング治療をご希望の方へ

医療ホワイトニングとセルフホワイトニングとの違い

1.セルフホワイトニングの成分では本当は白くできない

本来、過酸化水素が含まれた薬液でしか歯を白くできません。しかし、過酸化水素は医院・歯科医院でしか使用できないと法律で決まっています。セルフホワイトニングなど医療以外の場合は、資格がなくても取り扱うことができる「歯磨剤成分」を歯に塗るだけなのです。「歯磨剤成分」は歯の汚れは取れるので白くなったように見えますが、歯自体を白くする作用はありません。何度繰り返しても、元々のご自分の歯よりも白くはならないのです。
また、歯科医院で行う医療ホワイトニングであれば、ほとんどの場合、ホワイトニングをする前に歯のクリーニングを併せて行います。そのため、このクリーニングの時点で既にセルフホワイトニングと同程度には白い歯が実現できます。

2.セルフホワイトニングは、全て自分で管理しなければならない

虫歯や歯にヒビがある場合は、治療してからでなければホワイトニングをすることができません。しかし、セルフホワイトニングや医療資格者が在籍していないお店での施術は、歯の状態を十分にチェックすることができないでしょう。それを踏まえた上で、 全て自分で管理しなければならないのです。

3.医療以外のお店で行うホワイトニングが安価な理由

理由は次のようなことが考えられます。
・歯科医師や歯科衛生士といった医療資格者を雇っていないため、人件費がかからない。
・ホワイトニングのお薬が、医薬品ではなく、重曹や二酸化チタンといった安価な医薬部外品を使っている。
・当初は3~4回通い、色が明るくなったら月に1~2回のメンテナンスに通うというペースで、回数を多くする代わりにリーズナブルに設定している。

本当に歯を白くできるホワイトニングの選び方は?

ホワイトニングを多く手掛けている歯科医院で施術を受けることをおすすめします。 歯は人それぞれ、色や性質が異なるのです。それにも関わらず、全ての方に画一的な方法でホワイトニングをするのはおすすめできません。その方の歯に合わせた照射時間、回数、組み合わせなどを、しっかり検討してから行うのが望ましいと言えるでしょう。

さくらプラチナム歯科のホワイトニング

ホワイトニングはアメリカで生まれて広まったものですが、アメリカに多い人種と日本人では、歯のエナメル質の厚さが異なります。アメリカで多く出回っているお薬をそのまま日本人に使うと、しみる、痛いといった副作用が出やすくなる恐れがあります。当院では日本人の歯に合わせ、きちんと白くなると同時に副作用が出にくい濃度のお薬を採用しています。具体的には、ビヨンドやオパールエッセンスのブーストというお薬で、過酸化水素の濃度は45%です。

ホワイトニングの
料金はこちら